赤方偏移

波長の偏移

などの電磁波を分解し波長順に並べ替えたものをスペクトル線といい、赤色のスペクトル線は長波である。発光体が観測者から遠ざかっていく時、観測者が見るスペクトル線が赤方に偏移(波長が変わる)することをドップラー効果といい、遠ざかる速度により偏移する。

赤方偏移

河のスペクトル線を調べると、スペクトル線が波長の長い赤色側へずれているのが見られる。そのずれは暗い銀河、一般的に遠い銀河ほど大きく、ドップラー効果により遠い銀河ほど速い速度で遠ざかっていく赤方偏移がみられ膨張宇宙のひとつの証拠となっている。
TOP